福禅寺・対潮楼

福禅寺は江戸時代初期に鞆城の城郭の一角として遠見番所の役目も持ってました。
本殿と客殿があり、客殿は『対潮楼』と呼ばれ、書院造りになっており、境内は「朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内」として国の史跡に指定されています。

本殿は現在解体修理中です。


【 戻る 】
【 E-Mail 】

鞆の浦を世界遺産にする会
Copyright 1999-2000. All rights reserved.
Since 2000/01/01