詳細説明
 (とも)

 福山市鞆町の医王寺から見下ろす鞆の港は、目にしみいる眺めです。
 南東に開けた弓形の形は、弓を射る時に左手につける革製の具「鞆」からの由来といいます。
 万葉の時代から潮待ちの港として栄えた鞆の浦は、常夜燈や雁木(がんぎ)など江戸期の港湾施設が現存しています。かつて回船問屋や商家が並んだ格子戸と白壁の土蔵もそのまま残り、港町独特の風情をかもし出しています。
 鞆の浦は、中世以来の港と都市が現存する国内でも唯一の地域として、宮島や原爆ドームと並んで世界遺産登録にふさわしい人類の遺産なのです。ところが、この鞆の港を埋め立てて架橋を通す計画が進んでいます。
 埋め立て架橋ができれば、世界遺産登録の価値は失ってしまいます。鞆の浦を世界遺産にするためにはどうすればいいのか、もう一度、原点に戻って考えてみましょう。


 鞆の浦の景観は保全されました。
生前、澤村猪兵衛さんは鞆の浦の保全のため、随筆『私も一言』で次のように主張されてました。その主張の一部を抜粋します。

鞆は、瀬戸内海という海を介して発展してきた町です。江戸時代から鞆の町民は港を大切に守ってきました。船荷の上げ下ろしに便利なように雁木(がんぎ)を港に回し、船の安全を守るために波止(はと)と常夜燈を築き、船の修理と維持補修のために焚場(たでば)を築造し、船の出入りを管理するために船番所を置きました。こうした江戸時代の港湾施設がすべて残っているのは、全国でも鞆だけだといわれています。また、江戸時代の記録によると、港内の浚渫も度々行われ、大型船の入港に備えていました。その結果、鞆の港は瀬戸内の要港として、朝鮮通信使などの外国使節や北前船を始めとする全国各地の商船を受け入れ、国内外から多くの文物や文化が入ってきたのです。
 今でも、その繁栄の証である歴史的遺産や貴重な建物が驚くほど多く残り、文化庁をはじめ全国の有識者から注目を集めています。「八朔の馬出し」や「町並み雛祭り」が華やかに開催できるのも、その舞台となる歴史的な町並みを残してきたからにほかなりません。
医王寺や城山、あるいは要涯から見る町並みと一体となった港の景観は、仙酔島など名勝地である美しい自然を借景として、訪れる人の心を和ませ、ゆったりとした時間の流れの中に引き込んでいくのです。
 このように、鞆は、美しい自然を背景に、歴史的遺産である多くの文化財と伝統的町並みと江戸時代のままの港が三位一体となってセットで残る、全国唯一の港町なのです。
(以下省略)

平成16年3月7日 鞆の浦澤村船具店 店主 澤村猪兵衛
(太陽新聞掲載)
 大正から昭和時代の頃の鞆の浦の風景

鞆の景観保全を訴え続けた澤村猪兵衛さん逝く 平成19年1月18日


明治から大正時代の鞆の浦の景色
子や孫にこんな環境を残しますか? ←クリックして下さい

通過道路と少々の駐車場のために何百年来の港湾施設である雁木や常夜灯などの景観を失ってもいいのでしょうか。
歴史的景観の喪失で観光にダメージをあたえるだけではありません。
住民の生活環境も破壊されます。

2006年1月18日
◆鞆を愛する会 ◆鞆の自然と環境を守る会
◆福山町づくり円卓会議 ◆元町一町内会
◆歴史的港湾鞆港を保存する会 ◆アートさくら
◆NPO法人 e&g研究所 ◆NPO法人 鞆まちづくり工房

topics
手作りランタン、夜の港町照らす。「鞆ライトフェスタ2006」開催 (中国新聞地域ニュース '06/8/27)
鞆よ!(朝日新聞)
     
万葉集にもうたわれ、江戸期の建物や港湾遺構が数多く残る福山市の鞆の浦。「世界遺産級」とも評される鞆の魅力と、埋め立て・架橋計画をめぐる動きや議論をお伝えします。
イコモス、鞆架橋計画放棄求める 2005/10/25  
“開港 「鞆の浦」 趣意書”  2004/11/26
「鞆の浦」の景観ネット中継  2004/05/19 産経新聞 ライブカメラはここから
随筆 「私も一言」    鞆の浦 澤村船具店 店主 澤村猪兵衛   2004/03/08
広島県知事 藤田雄山殿  2003/10/21
世界遺産文化財団の審査に鞆の浦が選定される 2001/10/13
所在地:広島県福山市鞆町

◆ 提言    2003/09/13  
◆ 歴史の回廊
◆ 国の重要伝統的建造物群(重伝建)保存地区の選定
◆ 埋め立て架橋計画
◆ 山側トンネル案
◆ 港や歴史的文化遺産生かした町づくり
◆ 【和歌の浦の教訓】中国新聞に掲載された記事
◆ 架橋・埋め立て後のイメージ図
◆ 鞆地区道路港湾整備計画の推移
◆ 世界遺産登録基準(日本ユネスコ連盟)
◆ 関連企画のご案内 2000.04.07 更新
◆ 関連した報道 
◆ Link集 2002.05.18 更新

【 HOMEに戻る 】

鞆の浦を世界遺産にする会
Copyright 1999-2000. All rights reserved.
Since 2000/01/01