善行寺
浄土真宗本願寺派

 護法山善行寺。天文年間(1532〜1554年)上山田村(熊野町)に開基したと伝えられる。
今回の寺院調査の中で、表装の裏面に「天□□年甲午(中略)山田村寺迫」の墨書が発見され、この年号が天文3年(1534)と推定され、寺伝を立証することが出来た。
 山田村で創建し、その後、鞆の医王寺下に、そして現在地に移転した。
 なお、元禄3年(1690)の梵鐘があったが、幕末に供出をして、今は鐘楼のみ残る。
 江戸時代を通して、朝鮮通信使の常宿でもあった。


山門

本堂

玄奘三蔵法師坐像
総高99cm 木像

慶派の伝統がみれる江戸前期の作。
近世になると仏像がだんだんと退化する中にあって、気迫の込った写実的な肖像彫刻の優作である。

阿弥陀如来画像
71.5 cm X 31.2 cm

裏面の墨書により天文3年(1534)の作とわかり、山田村寺迫(熊野町)に善行寺があったことを示す。
寺伝などで言われた天文の頃、上山田村に開基したことを立証した。
証如(1516〜1554)は、天文元年(1532)、大坂石山本願寺を創建した。なお、画像は後世の補修がある。

聖徳太子画像
101 cm X 48.3 cm

後世の補修があるが、室町時代末期の作と思われる。
精緻な表現がほどこされている。

七高僧画像
100 cm X 48.2 cm

聖徳太子像と同時代に一緒に制作されたものと思われる。
特に浄土真宗では、この聖徳太子画像と、七高僧画像はそろって掲げられる場合が多い。



掲載資料は福山市鞆の浦歴史民俗資料館編集の 港町鞆の寺院 その3によります。

【 戻る 】