南禅坊
浄土真宗本願寺派



海龍山南禅坊。天正年間(1573〜1591年)に創建したと伝えられる。
元々、福禅寺下にあったが、江戸中期(正徳年間・1711〜1715年頃)に現在地に移転する。
寺院調査の中で、「梵鐘一件記録」が発見され、鐘の供出を巡る経過を詳しく記した史料として貴重である。かって、その鐘があった鐘楼門(山門)は現存する。
なお、境内には、宮城道雄の先祖墓がある。
江戸時代を通して、朝鮮通信使の常宿でもあった。


山門(鐘楼門)
意匠的にも優れた建造物である。

本堂
  

絹本著色聖徳太子像  市重文
106.5 cm X 49 cm

賛に寛永15年(1638)の墨書がある。

絹本著色親鸞上人像  市重文
105 cm X 46.8 cm

寛永3年(1626)の墨書がある。

韋駄天画像

時代は不詳であるが、中国などの海外の作品と思われる。



掲載資料は福山市鞆の浦歴史民俗資料館編集の 港町鞆の寺院 その3によります。

【 戻る 】