いろは丸展示館



坂本龍馬と「いろは丸事件」

若き熱血の志士・坂本龍馬は、「海援隊」を組織し、いろは丸事件で決死の談判を行い、御三家の紀州藩を脅かした。その他、『船中八景』など示して、大政奉還へと導いた。

 「いずれ血を見ずはなるまいと存じ居り候」、坂本龍馬は事件の顛末を記した書状を、大阪の海援隊の菅野覚兵衛に宛て送付しました。
「我々共荷物も何も失いしものをただ鞆の港になげあげ」、紀州藩の明光丸は鞆港から長崎に向けて出航しました。1867年(慶応3年)4月27日午後の事です。激怒の文面で、決死の覚悟が読み取れます。
 坂本龍馬は慶応3年4月初旬に海援隊を組織し、伊予大洲藩から「いろは丸」を借用し、海運業にのりだしました。4月19日、長崎港を出航し、大阪に向けて物資を輸送中、23日午後11時頃、岡山県六島沖で紀州藩の軍艦明光丸と衝突しました。明光丸は鞆の津へ向けて、いろは丸を曳航していましたが、宇治島南4Kmの地点でいろは丸は沈没したのです。
いろは丸は1862年建造のイギリス製商船(160トン)ですが、明光丸は1861年建造のイギリス製軍艦(887トン)です。いろは丸の右舷から蒸気室の横腹に衝突したのです。明光丸は、90メートル位バックして、また、フルスピードでいろは丸に突っ込みました。また、明光丸には見張りを立てていませんでした。この2点で、龍馬側は航海日誌を交換したり、当時の国際法である万国公法で交渉したりして、紀州藩から損害賠償を取り、近代海難裁判の先駆けとなりました。
 さて、4月24日午前6時頃、明光丸だけが鞆港に入港。海援隊は土佐と商取引のある桝屋清右衛門宅に宿泊し、明光丸側は円福寺に宿泊しました。24日から27日まで、紀州藩の準備した魚屋萬蔵宅や対潮楼で、交渉を昼夜続行しましたが決裂し、27日明光丸は長崎へ出航しました。翌日、龍馬側はその後を追い、交渉の場所を長崎に移してようやく決着しました。



いろは丸展示館
いろは丸展示館は江戸期に建てられた蔵を利用しています。
太い梁など、堂々たる建物で、鞆の町では「大蔵」と呼ばれています。(鞆町西・太田家所有)

海上より見るいろは丸展示館

いろは丸展示館
なぜ? いろは丸展示館が鞆の浦に?
1987年2月 まんが「出会いの海・鞆の浦」出版される。
冒頭のページにいろは丸事件掲載、反響を呼ぶ。
1987年4月 町おこしグループ「鞆を愛する会」結成。
1987年12月 鞆を愛する会で、唐人船伝承をもとに、いろは丸引き揚げ計画もちあがる。
1988年1月 引き揚げ計画が新聞で報道され反響多大。
1988年4月 愛する会は漁船をチャーターしてソナー調査、船影を確認。
1988年5月 第1回本格潜水調査。
1988年6月 龍馬が宿泊した桝屋清右衛門宅で、龍馬の隠れ部屋発見。
1988年9月 引き揚げられた鉄をNKK鉄鋼研究所で分析の結果、19世紀ヨーロッパ製と判明。
1988年10月 第2次潜水調査。
1989年2月 第3次潜水調査。いろは丸とほぼ断定。
1989年7月 広島県・海と島の博覧会の鞆会場「いろは丸展示館」設営。
1989年9月 第4次潜水調査。
1990年2月 いろは丸沈没場所、「水中遺跡」に指定される。
いろは丸事件の足跡を偲べる遺跡が今も鞆の津に多く残ってます。
円福寺 いろは丸事件の明光丸・紀州藩の宿舎になった。
福禅寺・対潮楼 いろは丸事件の談判が行なわれた。
桝屋清右衛門宅 坂本龍馬らの海援隊士の宿舎跡。
当時ここの桝屋清右衛門は回船問屋を営み、土佐藩との取り引き(御用商人)があった。それらの縁で、この桝屋に龍馬らは泊まり支援を受けた。
こうした地方の商人たちは、言わば幕末の志士を支えた「パトロン」でもあった。
魚屋万蔵宅 談判をした場所。

館内の展示ご案内
引き揚げられた大理石製 ドアノブ。
裏面に BIRMINGHAM (バーミンガム=イギリスの都市名)が刻印されている。
いろは丸はイギリスから購入した船。
龍馬の隠れ部屋再現。(桝屋清右衛門宅)
沈没状況パノラマ再現
海底20メートルに眠るいろは丸の一部を実寸の70%で再現。
水中からの引き上げ物展示
積載の石炭・帆船特有の滑車や索具、江戸後期の古伊万里茶碗、明り採りのガラス板、鉄材など多数。
いろは丸沈没ビデオ映像 1867年4月23日。衝突事件はどのようにして起こったのか。
調査風景写真・ビデオ 水中写真など、いろは丸の調査風景パネル多数。
NKK鉄鋼研究所による鉄分分析。 引き揚げられた鉄材の分析で、19世紀ヨーロッパ製の鉄であることが確認された。
龍馬特集テレビ番組放映。 NHK、HTV(広島テレビ放送)が放送した番組をご覧いただけます。

掲載資料は下記より頂きました。
●福山市鞆の浦歴史民俗資料館活動推進協議会発行;鞆の浦の自然と歴史
●福山市鞆の浦歴史民俗資料館活動推進協議会発行;幕末‐三条実美と七卿落・坂本龍馬・民衆の激動
●いろは丸展示館パンフレット

戻る