平賀源内生祠

平賀源内は本草学を志し、薬草・動物・鉱物を研究しました。また、「風来山人」、「天竺浪人」と号し、戯作者として多くの作品を書き、そして俳諧者でもありました。
さらに、西洋画を指南したり、緑、紫、黄の彩色あでやかな源内焼きも考案しました。
1752(宝暦2)年、源内は長崎に遊学して蘭学の諸技術を学び、翌年、故郷の讃岐への帰途、鞆の津の溝川家所有地で陶土を発見し、陶器造りを伝授しました。。
源内焼きはオランダ製の釉薬を使ったといわれています。溝川家では、陶器造りには手をつけず、鞆の津の伝統産業である鍛冶の「ホクボ」(火床)や壁土の原料として、その陶土を販売しました。
平賀源内生祠の周辺には、今でも多量の土を採取した跡があります。
平賀源内生祠は、美麗な鞆港を見下ろせる医王寺参道の途中にあります。
割石を二つ重ねた石があり、3個の丸石を積み重ねた石塔と石造卒塔婆がたっています。1940(昭和15)年に広島県史跡に指定されました。
卒塔婆の正面には「南無妙法蓮華経平賀源内神儀」、右側には「慶応四戊辰七月廿八日溝川栄介茂助利三郎立之」と刻しています。
三重の石塔は三宝荒神といって、「土の神、かまどの神、平賀源内神」を祀ったものです。
源内は自分の生前中に神として祀る(生祠)ように言い残したので、源内が寄寓していた溝川家は、1764(宝暦14)年に三宝荒神を祀りました。


参考資料:福山市鞆の浦歴史民俗資料館編修:鞆の浦の自然と歴史による
戻る