大観寺
真言宗

 麾尼山大観寺は昭和初期に、増福寺・玉泉寺・地福院・宝嚴寺・常喜院の五ヶ寺を統合した寺院である。
増福寺は、永禄年間(1558〜1569年)に、玉泉寺・地福院(江戸初期は泉蔵坊)は天正年間(1573〜1591年)に再興されたと伝えられる。宝嚴寺(江戸初期は長福寺)と常喜院は慶長十(1605年)年頃の建立と伝えられる(『あくた川のまき』天和3(1683)年)。
再々、朝鮮通信使の上官の宿舎になった。江戸時代は真言宗明王院末寺。

山門

大観寺本堂

山門額「玉泉寺」 タテ29.0cm、ヨコ57.0cm
「高田、玉泉字 未白之印」と刻んでいる。
玉泉寺は、大観寺の前身の一寺院。
高田未白(1629〜1703)は名は正方、山崎闇斉について垂加神道を学び、儒学を修めた。
江戸前期、鞆の津で草創期の町人家塾を開き、町人教育に務めた。
木造地蔵菩薩立像 像高65cm
(市指定重要文化財)
地蔵菩薩像の多くは左手に宝珠、右手に錫杖を持つが、この像は珍しく合掌の形をとっている。
端麗で技巧的にも優れた作。室町期から近世初期にかけての作と思われる。
鞆の津塔(仮称) 総高308cm
寛文5(1665)年に鞆の商人・表屋の建立した鞆独特の石塔。


掲載資料は福山市鞆の浦歴史民俗資料館編集の 港町鞆の寺院 その1 真言宗寺院によります。

【 戻る 】