弁 天 島 (べんてんしま)


弁天島は正式には百貫島と言います、朱塗りの弁天堂が建っていることから、通称弁天島と呼ばれています。
「福徳ヲ授ケ海上ノ安穏ヲ守護スル」弁才天を祠っています。

弁天堂は、正保元年(1644年)に、鞆町奉行萩野新右衛門によって再建され、今日に至っています。
百貫島には、広島県重要文化財『弁天島塔婆』が建ってます。「文永8年(1271年)」の記念銘が彫字されていて、広島県内で年代が判明する石塔の中で最古のものです。

元来、十一重石塔でしたが、五層と六層とがなくなっていて、九重石層になってます。

弁天島1

弁天島2


【 戻る 】