阿弥陀寺
浄土宗



心光山阿彌陀寺。 永禄年間(1558〜1569年)の開基と伝えられる。
江戸前期〜中期にかけて十代目の雲洞和尚が時運を隆盛させた。それを伝える丈六、阿彌陀
如来坐像「鞆の大仏」など目を見張る数々の寺宝がある。
境内には、江戸時代の多彩で見事な石造物が多くあり、鞆の町人文化の興隆振りもよくうかがえる。
江戸時代を通して、朝鮮通信使の常宿でもあった。

山門

本堂

木造阿彌陀如来坐像(鞆の大仏)
光背までの高さ約4m

雲洞住職の代の元禄16年(1703)に作られた丈六の大仏。
江戸中期の都仏師による実に堂々とした優作で、これ程の大きさの仏像は地方においては極めて珍しく、鞆の経済力を如実に示している。

鞆の津塔群

江戸前期に鞆の商人が建立した鞆独特の大規模な石塔で町人階級のものとしては格段に立派なものである。
この「鞆の津塔」が阿彌陀寺境内なは、12基もまとまって現存し、当時の鞆の商人の隆盛振りを如実に示している。

石造地蔵菩薩坐像 像高67cm 総高219.3cm

延宝3年(1675)に、わざわざ遠方の名石工・肥前州小城郡の富永仁右衛門に製作を依頼したもの。
鞆の商人が先祖の供養につくったもので、その豊かな経済力もみてとれる。木彫仏に迫る細密な表現で、また精神性の込もった近世日本で屈指の石仏に入ると思われる傑作である。

鐘楼


  

梵鐘
「慶安壬辰」(1652)年の作。
鞆でわずかに残る二つの梵鐘の内の一つとして貴重である。



掲載資料は福山市鞆の浦歴史民俗資料館編集の 港町鞆の寺院 その3によります。

【 戻る 】